日本盛り場探訪記

全国の盛り場を探訪しその街の特色や居酒屋・バーなどの飲食店を紹介

【三島市~昼飲み編 ♯06】三島広小路駅近くの町中華「幸華」さんで氷無しホッピーに酔う

「ゑびす参道」で見つけた古くてカッコイイ建物

三島市昼飲み編」を取材中の某日、思いついて(伊豆箱根鉄道駿豆線三島広小路駅の南隣りにある三島田町駅まで足を伸ばしてみました。三島田町駅横では「紀美乃」さんという魅力的な食堂を見つけたのですが、今回はスルー(いまは「行っとけばよかった」と、ちょっと後悔してます……)。

f:id:wadajirou:20200708120621j:plain

三島田町駅。看板には「三島大社前」と書いてありました

★↓↓↓Amazonアソシエイト始めました。たいへん恐縮ですがお買い物をするなら下記のバナー経由でご購入いただくと和田二郎がいろいろ助かります。どうかお願いいたします…

 三島田町駅は看板に「三島大社前」と書いてあるように、ここから三島大社まではすぐ近く。三島大社を目指し「ゑびす参道」を歩いていると、途中で古くてカッコイイ建物を発見しました。国の登録有形文化財である「懐古堂ムラカミ屋」であります。

f:id:wadajirou:20200708120630j:plain

▲「ゑびす参道」を歩いていると「懐古堂ムラカミ屋」という建物を発見

「懐古堂ムラカミ屋」は関東大震災後の1926年(大正十五年)に建てられたもので、もともとは洋品店だったそうです。三島には所々にこうした古くてカッコイイ建物が残されていて、それが街の魅力にもなっているですよねえ。

「鎌倉古道」沿いにシブすぎる町中華を発見!!

 その後は三島大社を見学し「鎌倉古道」から三島広小路駅周辺の飲み屋街へと向かいました(下の地図のルートを参照)。

 今回の取材中、この「鎌倉古道」は何度となく歩きましたね。大雑把に説明すると、鎌倉古道から南側が、三島広小路駅周辺の飲み屋街になるからです。

「どこかに昼飲みできるお店はないものか……」と巡回していると、異様な(?)外観の町中華を発見しました。それが「幸華」さんであります。

f:id:wadajirou:20200707103803j:plain

▲「鎌倉古道」を歩いていると異様な外観の町中華を発見!!

「こ……ここがお店の入口なのか?」と衝撃を受けましたが、すぐに「いやいや、これとは別に入口があるはずだ」と考え直し「笑栄通り」に出てみると、やっぱり!! 商店街に面して入口があったのです。

★かつて私・和田二郎が編集した東京のノスタルジックな町中華&定食屋さんのガイド本です。よろしかったらお買い求めください。いろいろ助かりますんでよろしくお願いいたします…

 さっそく店内にお邪魔して撮影をお願いしてみたところ、お昼時でクソ忙しい時間帯であったにも関わらずオーケーしてくださいました。ご迷惑をおかけしてスンマセン……ありがとうございました!!

f:id:wadajirou:20200707103813j:plain

▲「笑栄通り」に面した「幸華」さんの入口

f:id:wadajirou:20200707103821j:plain

▲古いメニューが年季を感じさせてくれるイイ感じの店内風景

★私が「幸華」さんで飲み食いしている様子を記録した動画をご覧ください↓↓↓↓ 悲しいことにチャンネル登録者数が伸び悩んでおります。チャンネル登録&高評価よろしくお願いいたします……


静岡県三島市 昼飲み編【日本盛り場探訪記】

 店内は、古いメニューが年季を感じさせてくれて、とてもイイ雰囲気。ブルース・リーのポスターも何点か貼られていました。店主さんがお好きなんでしょうかね。

 店員さんにお話を伺ってみると、「幸華」さんはもともと小田原だか平塚にあったらしく、60年ほど前に三島へ移転したんだとか。ちなみに、パソコンからお店のホームページを拝見したところ「当地で創業65年」「昭和30年代から親子3代で守り続けた秘伝の味」と書かれていました。

f:id:wadajirou:20200710115453j:plain

▲ドリンク・メニュー。お酒類がかなり充実していましたね~

 歩き回って喉がカラカラだったので最初の一杯は「生中」(450円)を頼んだのですが、その後にドリンク・メニューを見てビックリ。なかなか充実してるんです。これは素晴らしい。

 年季の入ったメニューには、本格的な中華料理の品々も並んでいました。もちろん、その他にもお得なサービスメニューやオツマミ用のメニューなど、ここで紹介しきれないほど種類が豊富でしたね。

f:id:wadajirou:20200707103913j:plain

▲「三種盛り」などオツマミ系のメニューも充実しています

f:id:wadajirou:20200707103833j:plain

▲コチラはお得なセットの「サービスメニュー」です

 いろいろと目移りするなか、最初にオーダーしたのが「餃子」(550円)。ちょっと大きめで餡もタップリ。野菜の甘味も感じられ、とても美味しくて食べ応えもあるお得な一品でありました。

f:id:wadajirou:20200707103854j:plain

▲最初に頼んだオツマミは「餃子」(550円)。ちょっと大きめです

 餃子をツマミながら生ビールを飲んでいると、アッという間にジョッキは空になってしまいました。改めてドリンク・メニューを見直して、次は「ホッピー」(490円)注文したのですが……テーブルに置かれたホッピーのジョッキを見てビックリ。氷が入っていなかったからです。

★↓↓↓私・和田二郎がかつて著した怪ルポルタージュ!? よろしかったらお買い求めください。それなりに楽しめる本だと思いますよ~。いろいろ助かりますんでよろしくお願いいたします…

 もちろん、ホッピービバレッジ株式会社のホームページに書かれているように、ホッピーの基本的な飲み方は「ホッピー・焼酎・ジョッキの三つをよく冷やして飲む」いわゆる「3冷」になります。しかし、実際にホッピーが「3冷」で出てくるお店は、それほど多いわけではありません(というか少ないような……)。だいたいはジョッキに氷が入っているので「幸華」さんで「氷無し」が出てきたのに驚かされたのです(ちなみに「幸華」さんの場合は「3冷」ではありませんでした)。

 そういえば「居酒屋こうの」さんでホッピーを頼んだときにも、女将さんに「氷入れる?」と訊かれましたっけ。ひょっとすると、三島ではホッピーに氷を入れないのがスタンダードなのかもしれません。

f:id:wadajirou:20200707103903j:plain

▲二杯目に注文したホッピーには氷が入っていませんでした

 ちょっと驚きはしたものの、私は別に氷無しのホッピーが嫌いなわけではありません。むしろ氷が溶けて薄くなることがないので好きですね。

 さてさて、真っ昼間から氷無しホッピーを飲んでいたら、なんだか無性に「肉っぽいもの」を食べたくなってしまいました。そこで注文したのが「ホルモンスタミナ焼」(単品だと700円)であります。

f:id:wadajirou:20200707103752j:plain

▲肉っぽいものを食べたくなって「ホルモンスタミナ焼」を注文

 アルマイトって言うんでしたっけ、懐かしい感じのお皿に乗って「ホルモンスタミナ焼」が登場。ホッピーのツマミとしてはピッタリで、大満足いたしました。

 帰りは(最初に載っけた写真の)裏口から退店。食事だけでなく飲むこともできる町中華「幸華」さん、素晴らしいお店でありました。

■幸華

・営業時間/11:30~20:00

・定休日/火曜日・第3水曜日

・アクセス/駿豆線三島広小路駅駅下車・徒歩約2分 JR三島駅下車・徒歩約11~12分

※各店舗の営業日・営業時間・メニュー・価格等は今般のコロナ騒動の影響により大幅に変更になっている可能性があります。ご了承ください

  ※ブログの更新が全然追いついていませんが「静岡県三島市 夜飲み編」の動画もユーチューブにアップされています。チャンネル登録よろしくお願いいたします↓↓↓↓


静岡県三島市 夜飲み編【日本盛り場探訪記】

★ユーチューブ和田チャンネルの新シリーズ「ぶらり一献 飲み散歩」もスタートしました。よろしかったらご覧ください!!


湯河原温泉の居酒屋と町中華で飲んでみました【ぶらり一献 飲み散歩】


熱海駅前の食事とお酒の店「るな」で昼飲みしてきました【ぶらり一献 飲み散歩】

★三島の隣町・沼津で朝~昼飲みした時の動画も貼っておきます。ぜひご覧ください(サムネイルを変更してますが動画は以前アップしたものと同じです) 


静岡県沼津市 朝~昼飲み編【日本盛り場探訪記】

★ついでに京都へ遠征したときの動画も貼っておきます。ぜひご覧ください(サムネイルを変更してますが動画は以前アップしたものと同じです) 


京都の穴場で安く飲む~1日目【日本盛り場探訪記】