日本盛り場探訪記

全国の盛り場を探訪しその街の特色や居酒屋・バーなどの飲食店を紹介

【三島市~昼飲み編 ♯04】三島駅横にある「そば兵衛」にて充実の蕎麦前昼飲み

エロ本編集者となった初日…酒を飲みながら企画会議!?

 三十数年前、5年かかって大学を出た私・和田二郎は、新卒社員として東京四谷にある某エロ本系出版社に潜り込みました。伝説のホモ雑誌『さぶ』(キャッチコピーは「男と男の叙情詩」)や、アイドルのパンチラ写真を掲載しサブカル系の雑誌として一世を風靡していた『投稿写真』などを刊行していた会社だったので、入社前は「オレみたいなカタギの人間がやっていけるのだろうか……」と、そりゃあ不安でしたよ。

 私が配属されたのは『美少女CLUB』という雑誌の編集部。緊張でガチガチだった初めての出社日、昼時になると編集長が「じゃあ企画会議やろうぜ」と席を立ち、社屋を出ていくじゃありませんか。

 もちろん右も左も分かりませんからね、私はスタスタ歩く編集長と先輩編集部員の後を付いていくだけ。そして連れて行かれたのが四谷荒木町にある鰻屋だったのです。

★↓↓↓Amazonアソシエイト始めました。たいへん恐縮ですがお買い物をするなら下記のバナー経由でご購入いただくと和田二郎がいろいろ助かります。どうかお願いいたします…

「川海老の唐揚げ」「白焼き」「鰻重(もちろん特上!)」を食べながら、ビール~日本酒と飲み進めるうちに無事(?)会議は終了。「企画会議ってこんなに美味しいものだったのか!!」と感動する私の胸に「これならオレでもやっていけるかも……!?」と、微かな自信が芽生え始めていたのでした。

「蕎麦前」の素晴らしさを再確認させてくれた三島の名店

 この「鰻屋企画会議」は特殊な例だったにしても、やっぱり社会人になったら学生時代とは比較にならないほど、飲み食いするものが豪華かつバラエティ豊かになりましたね(まあ当時は出版&エロ業界がまだまだ好景気だったからでもありますが……)。

★↓↓↓私・和田二郎がかつて著した怪ルポルタージュ!? よろしかったらお買い求めください。それなりに楽しめる本だと思いますよ~。いろいろ助かりますんでよろしくお願いいたします… 

蕎麦屋で昼酒を飲む悦び」を知ったのも、社会人になってからでした。ちょっと出世して自分のペースで仕事を進めることができるようになると「打ち合わせ」と称して、新宿御苑や赤坂あたりの蕎麦屋さんで、ちょくちょく昼酒を愉しんでいたものです。

 会社員時代に堪能した、そんな「蕎麦前」の素晴らしさを思い出させてくれたのが、三島駅の東側にある「そば兵衛」さん。蒸し暑い中「昼飲みできるお店はないものか」と、アチコチ探訪しているうちに辿り着いたのでした。

f:id:wadajirou:20200704175240j:plain

三島駅の東側で見つけた「そば兵衛」さん。昼飲み可能です

f:id:wadajirou:20200704175348j:plain

▲店内はテーブル席以外にカウンター席もありました

 店長さんに取材&撮影の件をお願いしてみたところ、すぐにオーケーのお返事をいただきました。ありがとうございま~す!!

「そば兵衛」さんは今年で創業4年目。三島駅北口にある「和匠とと兵衛」さんの姉妹店になるそうです。

ウイスキーがバッチリ用意されている蕎麦屋です

 カウンター席に座りメニューを閲覧。ほうほう、お酒類が充実してるじゃないですか。特にウイスキーがバッチリ用意されているのには驚かされましたね。これなら存分に「蕎麦前」を堪能できそうです。

★私が「そば兵衛」さんで飲み食いしている様子を記録した動画をご覧ください。よかったらチャンネル登録&高評価もよろしくお願いいたします↓↓↓↓


【日本盛り場探訪記】静岡県三島市 昼飲み編 「I drank sake from the daytime at a bar in Mishima City, Shizuoka Prefecture」

f:id:wadajirou:20200704175310j:plain


▲地元静岡の酒を中心にアルコール類の品揃えも充実しております

f:id:wadajirou:20200704175300j:plain

▲これだかけウイスキーが揃っている蕎麦屋さんも珍しいのでは…?

f:id:wadajirou:20200704175251j:plain

▲もちろんビールや焼酎もバッチリ。スパークリングワインまで!?


 暑い中歩き回って汗ダクダクだったんで、ビールを飲みたい気持ちもあったんですが、やはり「蕎麦前」なら日本酒がセオリーでしょう。てなわけで、まず最初の一杯は静岡県焼津市にある磯自慢酒造の「磯自慢 本醸造をいただきました。冷えた日本酒、じつに旨かったです。選んで正解でしたわ~。

f:id:wadajirou:20200705161343j:plain

和食屋さんの系列だけあってオツマミ(蕎麦前)も充実

 和食屋さんの系列だけあって、オツマミ類も充実してます。痒いところに手が届くとでも申しましょうか、「こんなツマミがあったらいいのになあ」という飲兵衛の願望をキチンと満たしてくれている感じがするんですな。

 まず注文したのが「さしみこんにゃく(自家製酢味噌)」(350円)。暑かったんでね、涼しげなものを食べたかったんですわ。それにプラスして「桜えびのかき揚げ」(700円)」もオーダー。三島市は海に面しているわけではないのですが、駿河湾まではすぐ近く。そして駿河湾といえば「桜えび」なのであります。

f:id:wadajirou:20200704175319j:plain

▲涼しげなものを食べたかったので、まずは「さしみこんにゃく」を注文

f:id:wadajirou:20200704175329j:plain

三島市から駿河湾はすぐ近く…ということで「桜えびのかき揚げ」を

 

 火照った身体には、さしみこんにゃくと酢味噌がピッタリ。また、かき揚げを塩につけてサクサク食べると酒が進んでしまいます。アッという間に磯自慢の入ったお銚子は空になり、続いては「竹鶴ハイボールを飲むことに。竹鶴を飲むのは久しぶりだったんですが、やっぱり旨い酒ですねえ。

f:id:wadajirou:20200705172446j:plain

▲お蕎麦のメニュー。つゆは「甘」「辛」の二種類があります

f:id:wadajirou:20200704175235j:plain

▲「もりそば」(700円)。つゆは「辛」を選びました

 最後は「もりそば」(700円)。つゆは「甘」と「辛」の二種類から選べるそうで、私は「辛」をチョイス。やっぱり暑い昼日中には、ざるそばが美味しいですな。ウイスキーハイボールとの相性がいいのも発見でした。十分ツマミになりますね。

「そば兵衛」さんは、シブく昼飲みするには最適のお店です。今度は北口の「和匠とと兵衛」さんでも飲んでみたいなあと思いつつ、お店を後にしました。

■そば兵衛

・営業時間/11:30~20:30(20:00L.O.)

・定休日/不定

・アクセス/三島駅下車・徒歩約3分

※各店舗の営業日・営業時間・メニュー・価格等は今般のコロナ騒動の影響により大幅に変更になっている可能性があります。ご了承ください

※ブログの更新が全然追いついていませんが「静岡県三島市 夜飲み編」の動画もユーチューブにアップされています。チャンネル登録よろしくお願いいたします↓↓↓↓


【日本盛り場探訪記】静岡県三島市 夜飲み編

 ★ユーチューブ和田チャンネルの新シリーズ「ぶらり一献 飲み散歩」もスタートしました。よろしかったらご覧ください!!


湯河原温泉の居酒屋と町中華で飲んでみました【ぶらり一献 飲み散歩】


熱海駅前の食事とお酒の店「るな」で昼飲みしてきました【ぶらり一献 飲み散歩】

★三島の隣町・沼津で朝~昼飲みした時の動画も貼っておきます。ぜひご覧ください(サムネイルを変更してますが動画は以前アップしたものと同じです) 


静岡県沼津市 朝~昼飲み編【日本盛り場探訪記】

★ついでに京都へ遠征したときの動画も貼っておきます。ぜひご覧ください(サムネイルを変更してますが動画は以前アップしたものと同じです) 


京都の穴場で安く飲む~1日目【日本盛り場探訪記】

★かつて私・和田二郎が編集した東京のノスタルジックな町中華&定食屋さんのガイド本です。よろしかったらお買い求めください。いろいろ助かりますんでよろしくお願いいたします…