日本盛り場探訪記

全国の盛り場を探訪しその街の特色や居酒屋・バーなどの飲食店を紹介

【京都で安飲み編~三日目 ♯02】超人気店「新福菜館 本店」で中華そば&やきめし!!

酔い醒ましで「島原大門」を見学した後…

 二泊三日の京都飲酒ロケもいよいよ最終日。ホテルをチェックアウトした私・和田二郎は、京都駅近くの立ち飲み屋「天空の立ち呑み とさか」さんで昼飲みしたわけなんですが、いや~ちょっと調子に乗って飲み過ぎましたかね。

 なにしろ、生ビール+クラフトビール+酎ハイ×4杯ですから。いきなり昼から飛ばし過ぎましたわ。前日までなら「ホテルで仮眠」となったんでしょうが、生憎既にチェックアウトしてるんで、それは不可能。てなわけで酔い醒ましを兼ねて、前日悪天候で視察を断念した「島原遊廓跡」(島原大門)を見学することにしたのでした(※「島原遊廓」については【京都で安飲み 番外編01】で軽く触れてます)。

★↓↓↓Amazonアソシエイト始めました。たいへん恐縮ですがお買い物をするなら下記のバナー経由でご購入いただくと和田二郎がいろいろ助かります。どうかお願いいたします…

 さてさて、島原遊廓跡地を見学した後、丹波口駅から再び京都駅に戻ってきた私。京都飲酒ロケ最終日には、取材云々は別にして、どうしても寄っておきたい店が二軒あって、そのうちのひとつ新福菜館 本店」さんで、中華そばやきめしを食べるためであります。

★よかったら私が「新福菜館 本店」で飲み食いする様子を記録した動画をご覧ください↓↓↓↓ 悲しいことにチャンネル登録者数が伸び悩んでおります。チャンネル登録、よろしくお願いいたします……


【日本盛り場探訪記】京都で安く飲む~3日目

新福菜館 本店」さんは超人気店ですから、お隣の第一旭(正式店名は本家第一旭 たかばし本店)」さんともども、行ったことのある方も多いのではないでしょうか。私の場合、京都に行ったら、最後に「新福菜館 本店」さんで中華そばとやきめしを食べてから新幹線に乗るというのがパターンになってます。

★かつて私・和田二郎が編集した東京のノスタルジックな町中華&定食屋さんのガイド本です。よろしかったらお買い求めください。いろいろ助かりますんでよろしくお願いいたします…

f:id:wadajirou:20200520210542j:plain

▲京都に行ったら必ず寄ることにしている「新福菜館 本店」

 あんまり混んでいないだろう時間帯を狙って行ったんですが、お店の前に到着してビックリ。行列ができてなかったからです。ひょっとしたら、このお店で並ばずに入店できたのは初めてかも。これもコロナ騒動の影響なんでしょうか……(※取材は3月中旬。まあ帰るときにはシッカリ行列ができてましたけどね)。

f:id:wadajirou:20200520210559j:plain

▲コチラが「「新福菜館 本店」のメニューになります

f:id:wadajirou:20200520210636j:plain

▲とりあえず瓶ビールを飲んで料理の到着を待ちました

 行列こそできてはいなかったものの、お店に入るとほぼ満席状態。店員さんに撮影したい旨を申し出たところ「他のお客さんを映さないなら」という条件でオーケーしていただきました。ありがとうございま~す!!

新福菜館 本店」さんの創業は1938年(昭和十三年)。最初は屋台だったんだそうです。そして1945年(昭和二十年)、現在の場所にお店を構えたんだとか。

↓↓↓京都の大衆的な飲み屋さんについてまとめられた『らくたび文庫 No.033 京の大衆酒場 本日呑みます!』(発行所/株式会社コトコト 編集・制作/株式会社らくたび)。京都で気取らず安く飲みたい人は必読。「らくたび文庫」には他にも定食屋さんを特集した本など魅力的なラインナップが揃ってますよ~

 京都はたいへんな「ラーメン激戦区」として知られていて、レベルの高い人気店も多いのですが、戦前から続く「新福菜館 本店」が、その礎を作ったと言ってもいいのではないでしょうか。

 中華そば(小)やきめしをオーダーし(いつもだいたいこのパターン)、瓶ビールを飲みながら料理の到着を待ちます。まず運ばれてきたのがやきめし。もちろん中華そばも美味しいんですが、じつは私「新福菜館 本店」で一番楽しみにしているのが、このやきめしだったりするんですな。

f:id:wadajirou:20200520210626j:plain

▲じつは中華そばより好きだったりする新福菜館のやきめし

f:id:wadajirou:20200520210631j:plain

▲黒っぽい色が印象的。とても香ばしい味です

 このやきめし、中華そばと同じタレを使って炒めているそうで、独特の色合いをしています。「醤油チャーハン」とでも呼べばいいんでしょうか、とても香ばしくてビールのアテとしてもピッタリなんですわ。

 やきめしを肴にビールを飲んでいると、続いて中華そばが運ばれてきました。

f:id:wadajirou:20200520210613j:plain

▲「中華そば(小)」。スープは黒いですが塩辛くはないんです

f:id:wadajirou:20200520210641j:plain

▲麺は中太のストレート。少し柔らかめです

 初めて見る人はビックリするであろう黒いスープは、鶏ガラ+豚骨をベースにした出汁に、秘伝の醤油ダレをプラスして作られています。見た目は塩辛そうですが、実際に口に含んでみると甘味を感じさせるマイルドなテイスト。具は九条ネギもやし薄切りチャーシューとなっております。

 麺は中太のストレート。ちょっと柔らかめなので、硬めが好きな方は注文時にその旨を伝えておくのがいいかもしれませんな。ちなみに私が頼んだのは(小)ですが、これでもそこそこボリュームがあります。

 やきめしも中華そばも一瞬にして完食。いや~、旨かった!! そして私は「最終日にどうしても寄っておきたい店二軒」のうち、最後の一店へと向かうため京都河原町駅を目指したのでありました。

新福菜館 本店

・営業時間/09:00~20:00(緊急事態宣言の影響で一時期09:00~18:00となっていたようです。現在の営業時間がどうなっているのかは下記のホームページ等からご確認ください)

・定休日/水曜日(他に不定休日あり)

・アクセス/JR京都駅から徒歩約5分

・ホームページ/http://www.shinpuku.net/

facebookhttps://ja-jp.facebook.com/shinpukusaikan

※各店舗の営業日・営業時間・メニュー・価格等は今般のコロナ騒動の影響により大幅に変更になっている可能性があります。ご了承ください

 

★【日本盛り場探訪記】京都ロケ一日目の動画はコチラになります↓↓↓↓


【日本盛り場探訪記】京都の穴場で安く飲む~1日目

★【日本盛り場探訪記】京都ロケ二日目の動画はコチラになります↓↓↓↓


【日本盛り場探訪記】京都の穴場で安く飲む~2日目

★ユーチューブ和田チャンネルの新シリーズ「ぶらり一献 飲み散歩」もスタートしました。よろしかったらご覧ください!!


熱海の海辺の繁華街「渚町」で昼飲みしてみました×3軒【和田二郎のぶらり一献飲み散歩】