日本盛り場探訪記

全国の盛り場を探訪しその街の特色や居酒屋・バーなどの飲食店を紹介

【京都で安飲み編一日目 ♯05】「ハイボールバー京都烏丸1923」で一日目ラストの旨い一杯を!!

今後の取材撮影の課題が明らかに… 

 前回の「沼津編」も含め、この「日本盛り場探訪記」の取材するにあたって最大の課題は「疲労」と「酔い」なんだなあ……と痛感している私・和田二郎であります。

 事前の予想に反して、これまでのところ、お店にアポなし取材を断られるケースはほとんどありませんでした(感謝します!!)。それよりも「疲れ」と「酔い」の方が、取材に支障をきたす要因となっているんですわ。

 いやしくも「盛り場」を「探訪」するのですから、繁華街をアチコチかなりの距離歩き回らなければなりません。そうすると足腰がねえ、疲れるわ痛くなるわ。体力落ちたよなあ……。で、お店に入って、その疲れた身体にアルコールが注入されると、いつも以上に酔いが回ってしまうというわけで……。

 一軒目はまだいいんです。これが二軒目~三軒目となると、もうヘロヘロのベロベロ状態。カメラの扱いが雑になってブレブレの動画を撮りまくったり、挙げ句は店舗のデータを取り忘れたりと凡ミスの連発。でもねえ、今後急速に体力がアップするなんてことは考えられないし、酒に弱くなることはあっても強くなることはないでしょう。つまり、課題は克服できず、次回からも二軒目以降の取材はグダグダになってしまうことが濃厚なのであります。

★↓↓↓Amazonアソシエイト始めました。たいへん恐縮ですがお買い物をするなら下記のバナー経由でご購入いただくと和田二郎がいろいろ助かります。どうかお願いいたします…

ホテルの近くでハイボールのバーを発見!!

 さてさて「生そば常磐」「桒藤(くわとう)」「美代桂(四富会館)」「よこやまろうそく(たかせ会館)」と、仮眠休憩を挟みながらハシゴ酒をしてきた京都ロケ一日目。夜も更けてきたので「明日もあるし、もう寝よう」と四条河原町周辺から四条烏丸近くにあるホテルに向かって歩き始めました。実際、森閑とした「寺町京極商店街」で、一日目のエンディング動画も撮ったりしてたんです。

f:id:wadajirou:20200402011932j:plain

▲寺町京極のアーケードで撮った幻のエンディング・ムービー

 その後、人通りも途絶えた薄暗い「錦市場」を抜け「烏丸通り」を渡り「さあ、ホテルまであと数十メートルだ」となったところで、オロロ? 煌々と光輝いているバーがあるじゃないですか。店頭には「自慢の最強炭酸ハイボール」のキャッチコピーが。酎ハイやウイスキーハイボールなどソーダで割ったアルコールが大好きで「炭酸バカ」とも言われた私としては見逃せませんな。

 こうして夜遅かったにも関わらず「最後にちょっと1~2杯」と入店したのがハイボールバー京都烏丸1923」さんだったのです。

f:id:wadajirou:20200402011910j:plain

▲ホテルのすぐ近くで見つけた「ハイボールバー京都烏丸1923」

f:id:wadajirou:20200402012140j:plain

f:id:wadajirou:20200402012145j:plain

▲店内はかなり広くグループで飲むにも最適。もちろんカウンターで独りノンビリ飲むことも可能

 入店してみると、かなり奥行きがあって、グループで飲むにも適してます。もちろんカウンター席も用意されており、私のように独り飲みすることも可能。店内には、強炭酸でよく冷えたハイボールを抽出する「5連式ハイボールタワー」が設置されていました。

↓↓↓京都の大衆的な飲み屋さんについてまとめられた『らくたび文庫 No.033 京の大衆酒場 本日呑みます!』(発行所/株式会社コトコト 編集・制作/株式会社らくたび)。京都で気取らず安く飲みたい人は必読。「らくたび文庫」には他にも定食屋さんを特集した本など魅力的なラインナップが揃ってますよ~

 私はオーソドックスに「角のハイボール」(490円)を注文。さすがに専門店だけあって、ものすごい種類のハイボールが用意されているようで、その「角ハイ」にしても「復刻角ハイボール」「自家製生姜角ハイボール」といくつか種類がありました。「本日の漬け込み果実ハイボール」や「珈琲ドリップハイボール」といった「クラフトハイボール」も用意されてましたし、一方で、フードメニューもかなり充実しているようです。

 さてさて「業界最高ガス圧の強炭酸」で作られたハイボールですが、いや~シュワシュワ感がハンパないですわ。これは写真より動画を見ていただいた方が納得していただけるはず。

※私が京都遠征での一日目に「ハイボールバー京都烏丸1923」さんで飲み食いする様子を動画でご覧ください↓↓↓ チャンネル登録もよろしくお願いいたします!!


【日本盛り場探訪記】新型コロナ騒動の最中に京都の穴場で安く飲む~1日目

※ブログが追いついていないんですが「京都遠征2日目」の動画もアップしています

↓↓↓↓↓ぜひご覧ください↓↓↓


【日本盛り場探訪記】新型コロナ騒動の最中に京都の穴場で安く飲む~2日目

 

f:id:wadajirou:20200402011920j:plain

▲一杯目はオーソドックスに「角のハイボール」(490円)をオーダー

 ご自慢の強炭酸で作った「角ハイ」は「炭酸バカ」である私を狂喜させる一杯でした。二杯目からはラフロイグハイボール(たしか750円だったかと…)にチェンジ。コチラもシュワシュワで美味しかったです。

f:id:wadajirou:20200402012151j:plain

▲二杯目からは「ラフロイグハイボール」に。値段を記録し忘れました。スンマセン…

 ラフロイグを飲みながらバーテンダーの型とお話をしていると「いま京都ではレモンサワーが熱い」とおっしゃってました。フムフム、たしかにレモンサワーやレモンチューハイは全国的にもブームですもんね……。

  この「ハイボールバー京都烏丸1923」は2017年にオープンしたそうです。ちなみに、京都河原町駅からほど近いハイボールバー京都1923」の姉妹店になります。1人でもグループでも利用できて、しかもフードメニューも充実しているとなると、とても使い勝手が良いお店と言えそうですな。

ハイボールバー京都烏丸1923

・営業時間/月~日、祝日、祝前日/17:00~翌1:00(ドリンクL.O.翌0:30)

・定休日/年末年始 休み有り

・アクセス/阪急京都線烏丸駅徒歩3分

★「京都遠征3日目」の動画もアップしています↓↓↓↓↓ぜひご覧ください↓↓↓


京都で安く飲む~3日目【日本盛り場探訪記】

★かつて私・和田二郎が編集した東京のノスタルジックな町中華&定食屋さんのガイド本です。よろしかったらお買い求めください。いろいろ助かりますんでよろしくお願いいたします…