日本盛り場探訪記

全国の盛り場を探訪しその街の特色や居酒屋・バーなどの飲食店を紹介

【沼津市 夜飲み編 ♯01】沼津のバーの最高峰「ビクトリー」さんに突撃アポなし取材!!

カラオケボックスで仮眠した後に沼津の夜飲みへ突入!!

  沼津に到着後、朝~昼にかけて「富士山餃子」「酒蔵かわむら」「たか木」というゴキゲンなお店でハシゴ酒をした私・和田二郎。さすがに飲み過ぎ&食べ過ぎで、ベロベロかつお腹パンパン。その後は「沼津のソウルフード」とも言うべき餃子の「中央亭」さんを訪れたのですが、幸か不幸か売り切れのため閉店していました。

「中央亭」さんの写真をブログにアップできないのは残念でしたが「もう何も食べられない」状態だったので正直ホッとしたのも事実です。まあ、個人的には「中央亭」さんの餃子は以前食べたこともありましたからね……。

  とにかくベロベロ&パンパン状態を解消すべく、沼津駅近辺のカラオケボックスで仮眠。そして夕刻、再び沼津の盛り場を放浪したのでした。

★↓↓↓Amazonアソシエイト始めました。たいへん恐縮ですがお買い物をするなら下記のバナー経由でご購入いただくと和田二郎がいろいろ助かります。どうかお願いいたします…

一軒取材拒否の後に家庭的な居酒屋「とりや花木」さんへ

 とりあえず焼鳥を食べようと思って、沼津の某有名店を訪れたところ、残念ながら取材拒否。まあ、こんな薄汚いハゲオヤジが突然「ビデオ撮らせてください」って現れたら、お店の人からしたら断るのも当然ですわな。

「拒否されても当り前だ」と思いつつも、やっぱり気落ちした状態で次の店を探します。こうして辿り着いたのが「添地町」にある「とりや花木」さんなのでした。※前回の記事でも触れましたが、この添地町近辺も飲食店が多いエリアです 

f:id:wadajirou:20210112172321j:plain

▲飲食店の多い添地町にある「とりや花木」さん

 

f:id:wadajirou:20210112173431j:plain

▲店内はカウンターと小上がりがある

 恐る恐る取材の話を切り出すと「大丈夫」とのこと。ありがとうございます~。お酒のメニューはとても豊富。何にしようか迷っていると、大好きなキンミヤ焼酎のボトルが目についたので「甲類焼酎のソーダ割り」、つまり私の大好物である「プレーンな酎ハイ」(レモンも入っていないやつ)にしました。

※私が「とりや花木」さん等、沼津の夜の街で飲み食いする様子は以下の動画でお楽しみください!!


日本盛り場探訪記

「とりや」と言うくらいだから、このお店も焼鳥が名物(モツ焼きもあります)。ただ、直前に取材拒否をされたお店で既に焼鳥は食べてしまっていたので、これも名物の「おいしいからあげ」をオーダーすることにしました(店のオバチャンから「量が多いから半分にしといたら?」と言われたので「ハーフサイズ」を注文)。

 からあげを待ちながらお通しの枝豆をつまんでいると「これサービスね」と、オバチャンが(畑で間引いた?)小さな大根の煮つけを出してくれたじゃないですか。いや~、ウレシイっす!!

f:id:wadajirou:20200308190508j:plain

▲メニューの一部を紹介。これ以外にもたくさんの料理がある

f:id:wadajirou:20210112173059j:plain

▲プレーンな酎ハイでお通しの枝豆をつまんでいると……

f:id:wadajirou:20210112173809j:plain

▲小さな大根の煮つけをサービスで出してくれました!!

f:id:wadajirou:20210112174308j:plain

▲ハーフサイズという「とりのからあげ」。これでもなかなかの分量です

 大根をつまみながら待っていると「とりのからあげ」が登場。とてもハーフサイズとは思えない分量でしたが、添えられた塩をつけて頬張ると「おふくろの味」的なホッとする美味しさを感じたのでした。

★かつて私・和田二郎が編集した東京のノスタルジックな町中華&定食屋さんのガイド本です。よろしかったらお買い求めください。いろいろ助かりますんでよろしくお願いいたします…

 以後は酒を飲みながら、二人のオバチャンから沼津の情報を収集。地元の人は「沼津港」のことを「コーワン(港湾)」と呼ぶこと、また「沼津の人間は新しもの好きだが飽きっぽい」等々、貴重な情報を得ることができました。

 家庭的な雰囲気で、ジックリと落ち着いて飲み食いを堪能できる「とりや花木」さん。常連になりたくなる名店でありました。今度来たら、ぜひとも焼鳥&モツ焼きを食べてみたいです。

■とりや花木(かもく)

・営業時間/17:00〜24:00(L.O.23:30)

・定休日/不定

・アクセス/沼津駅南口から徒歩約5分

 沼津には素晴らしいバーがたくさんある!!

「とりや花木」さんを出た後は夜道をテクテク、かつて沼津の遊廓があった八幡町方面へと南下。静岡県沼津市は素晴らしいバーが多いことで一部では有名なのですが、私が次に目指したのは、そのなかでも最も格式が高く最高峰と言われている「ビクトリー(VICTORY)」さんでした。

※沼津のバー事情については下記のサイト「NUMADU BAR TRIPS」が非常に参考になります。よろしかったらご覧ください!!

www.numazu-bar.net

 オーセンティックと言いますか、正統派で重厚なバー「ビクトリー」さんへビデオカメラ片手にアポなし取材するのは、我ながら「無謀だよなぁ」とも思いましたが、ダメモトで突撃。すると、他にお客さんがいないこともあってか、撮影を快諾していただけたのでした。いや~、ありがたいことです……。

 

f:id:wadajirou:20210106183155j:plain

▲雰囲気満点のエントランス。お店は2階にある

f:id:wadajirou:20210106185914j:plain

▲カウンター席以外にテーブル席の広いスペースもありかなり大きなバーだ

 店内は、年季の入ったカウンター席と(動画で紹介しているように)それとは別に20数席のテーブル席(バッカスルーム)もあり、かなり広いです。これだけのスペースがあるバーも珍しいのではないでしょうか。一人でもカップルでもグループでも利用可能なお店です。

f:id:wadajirou:20210106184926j:plain

▲一杯目は極上のマティーニを。チャームも凝っていて素晴らしい!!

 一杯目は極上のマティーニをいただきました。チャームと言うんでしょうか、お通しも凝っていて素晴らしいですなあ。二杯目からは大好物のタリスカーハイボール。美味しいお酒を飲み進めながら、ここでも沼津の飲食事情を調査。歴史のあるバーのバーテンダーさんは、皆さん「夜の街情報」に異常に詳しいんです。これは全国共通。自分は働いている時間帯のはずなのに、なぜか他の店舗のことを詳細に把握してるんですわ。「名店は名店を知る」と言うことなんでしょうか。だから私は知らない街で飲むとき、居酒屋・スナック・ラーメン屋など、評価の高い飲食店に関する情報は、その土地のバーテンダーの方から教えていただくようにしています。「ビクトリー」さんでも、沼津の居酒屋やスナックに関していろいろと具体的に教えていただきました。感謝します~!!

「ビクトリー」さんの創業は1978年(昭和53年)。文字通り老舗のバーであります。豊潤な空気のなかでいただく酒は、味わい深く旨いもんです。ホント、もっと飲み続けていたかったのですが「最後にスナックも取材しておこう」と決意していたため、後ろ髪を引かれる思いで席を立ったのでした……。

■ビクトリー(VICTORY)

・営業時間/18:00~25:00

・定休日/無休

・アクセス/沼津駅南口から徒歩約10分

★「沼津 昼飲み編」の動画もユーチューブにアップしてます。よろしかったらご覧ください!! 


静岡県沼津市 朝~昼飲み編【日本盛り場探訪記】

★ユーチューブ和田チャンネルの新シリーズ「ぶらり一献 飲み散歩」もスタートしました。よろしかったらご覧ください!!


湯河原温泉の町中華「高松食堂」で昼飲みしてみた【ぶらり一献 飲み散歩】